オススメのタイミング1~ダイエット編~

オススメのタイミング1~ダイエット編~青汁を飲もうとする人の多くはダイエットしたいから、健康になりたいからという人が多いと思います。まずは、ダイエットでのオススメの飲み方をご紹介しましょう。食事もちゃんと食べたいという方にオススメなのが、食前の空腹時です。空腹時に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防止することができます。さらに血糖値の上昇もゆるやかになるので、食前がオススメです。
またストイックにダイエットしている方にオススメなのは、夕食を青汁に置き換える飲み方です。青汁だけだと物足りない!!という方には、青汁+サラダもしくは豆腐、味噌汁など1食だけプラスして飲むのもダイエットには効果的面ですよ♪

オススメのタイミング2~野菜不足解消編~

オススメのタイミング2~野菜不足解消編~野菜不足を補いたいという方は朝一番に摂取するのがいいでしょう。
朝、朝食と一緒に飲むことで、寝ている間に失われたエネルギーを補給することができるからです。朝起きるのが苦手という人は多いと思います。その上、頭がボーっとしたり、体がだるかったりしますよね?これはエネルギー不足が起きている状態なんです。
身体が空っぽの状態で青汁を摂取することにより、ビタミンやミネラルなどが全身にいきわたるので、一日が活力に溢れたものになることは間違いなしですね!
ただひとつ注意としては、冷やした青汁や、忙しいからといって一気飲みなどはしないほうがいいでしょう。出来るだけゆっくり、身体に浸透させるように飲むのがオススメです。

オススメのタイミング3~二日酔い予防編~

以前二日酔いにも青汁は効果があるということを紹介しました。アルコールによる二日酔いは本当に辛いですよね。かくいう私も何度も経験があり、その度に青汁にお世話になりました。ここでは二日酔いにならない為のオススメの青汁の飲み方を紹介します。飲酒をする前か後だとどちらがいいと思いますか?私はお酒を飲む前に青汁を飲むことをオススメします。なぜなら、飲酒後だと忘れてしまうということもあるんですが、青汁を飲酒前に飲むことによって胃をアルコールから守ってくれるので、二日酔い防止になるんです。
ただ、飲み忘れてしまった方に朗報です!なぜなら、青汁は二日酔いになってしまったあとに飲んでも遅くないからです。二日酔いになった後も、青汁に多く含まれる酵素の力でアルコールの分解を助けてくれます。個人差はあると思いますが、1日中二日酔いに苦しむ必要はないのです!
しかも、青汁には天然の胃腸薬としての作用もあるので、胃の不快感や胸焼けなどの解消にも役立ちます。飲みすぎてしまったときは是非試してみてくださいね♪

注意事項

青汁を飲むタイミングは特に決まっていないので、自分の飲みやすいタイミングで好きなときに飲んで、継続していくことが大切です。ただ、1日の摂取量やパッケージに記載されている注意事項等を守って、健康的に摂取していきましょう。

ページトップへ戻る