う~ん痩せる!もう一杯!青汁ダイエットのおすすめ商品一覧

青汁ダイエットHOME > こんなにあるうれしい青汁のメリット > 私がおすすめする青汁の飲み方10選

簡単で美味しい青汁の飲み方

青汁はそのままだと美味しくない!!そんな人は必見です。このページでは、私が試した様々な青汁の飲み方を紹介しています。毎日おいしく青汁生活を始めましょう♪

王道!牛乳+青汁

牛乳青汁私が青汁生活をしていた中で、一番多かった飲み方かもしれません。
なんて言ったって簡単!牛乳に青汁粉末を混ぜるだけ。毎日簡単に続けるならこの飲み方がおすすめです。口当たりがまろやかになり、とても飲みやすくなります。合わせてハチミツやメープルシロップなどを混ぜてもいいかもしれません。カルシウムも一緒に摂取できるので一石二鳥ですね。

牛乳に飽きたら…?ヨーグルト+青汁

ヨーグルト青汁こちらもオススメなレシピです!ヨーグルトに青汁粉末をかけて食べるだけ。飲むヨーグルトに混ぜてもいいかもしれません。また、グラノーラやコーンフレーク、フルーツなどを添えて食べると食べごたえもあり、ダイエットにも最適です。
特にオススメなのは、便秘にお悩みの方。ヨーグルトと青汁で、便秘解消効果は抜群と言えるでしょう。

もっと美容に気を付けたい!豆乳+青汁

豆乳青汁こちらはダイエットをしながら美容も気を付けたい方にお勧めです!もちろんダイエットを考え、無調整豆乳に混ぜるとよいでしょう。ほのかに大豆の香りがしてまろやかに美味しくいただけます。物足りない方はハチミツやシロップを入れてみても。
肌荒れが気になっている方でも、これならイソフラボンの効果も出て効果が発揮されるかと思います。

力もつけたいなら。プロテイン+青汁

ダイエットしながら体を鍛えて筋力もつけたい方にはこちらもオススメ。もちろんそうじゃない方にも!
プロテインとは日本語でたんぱく質のこと。ですから、ミネラルやビタミンが豊富な青汁と、たんぱく質が豊富なプロテインを合わせることで、それだけで一食分の栄養素を補うことが出来るんです!最近では、味付きの美味しく飲めるプロテインも出ていますから、様々な味のプロテインと合わせて飲んでみるのも楽しくなりそうですね。

見た目はちょっと…でも美味しい♪ココア+青汁

見た目は少し良くないかもしれません…。
しかしココアの甘味と青汁のさわやかさで、とても飲みごたえのある飲み物になります。食後のデザートや、ちょっとしたおやつ代わりに良いかもしれません。

いろんな果物と一緒に青汁スムージー

青汁スムージーいろんな果物を贅沢に使ってスムージーとして飲むのはいかがですか?
青汁(お野菜)の栄養素と果物のビタミンミネラルを一緒に摂取することで、体も満足間違いなしです。
私は、リンゴやバナナと一緒に飲むことが多かったです。バナナは特に、味にまろやかさが出てくるので、普段青汁が苦手な方でもおいしくいただけると思います。みなさんもぜひお試しください!

おかずにどうぞ!野菜スープ+青汁

ダイエットしてても、たまには美味しい食事がとりたい!なんて方は、野菜スープに混ぜるとよいかもしれません。野菜やキノコ類をたくさん入れて、食べごたえのあるスープにすると満腹感も得られてダイエット効果は抜群です。もちろん栄養もたっぷりで、体にはうれしい特典つき。

小腹がすいたときに…青汁おやつ!

超簡単!青汁ホットケーキ

皆が大好きなホットケーキ。これに混ぜて栄養たっぷりホットケーキにするのもオススメです。市販のホットケーキミックスでは添加物が…と気になる方は、小麦粉やベーキングパウダーを使ってオリジナルホットケーキを作ってみては?甘味を消してお野菜やソーセージを載せてお食事パンケーキにするなど、さまざまな食べ方がありますよ!

プリン好きにはたまらない…青汁プリン

プリン好きの方って結構いらっしゃいますよね!自宅でプリン?めんどくさい!なんてお思いの方もいらっしゃるでしょうが、実は材料はたった4種類! 青汁粉末、牛乳(400cc)、砂糖(お好みでorなくても可)、粉ゼラチン。
粉ゼラチン以外のすべてを鍋に入れ混ぜながら温めます。すべて溶けきったら、火を止めて粉ゼラチンを入れ、混ぜます。あとは、好きな器に入れ、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やすだけ!牛乳でなく、豆乳でも美味しいですよ。
とっても簡単に美味しいプリンが出来るので、みなさん一度試してみては?

たまには甘いものも食べたい!青汁クッキー

こちらもめんどくさい…とお思いになるかもしれませんが、一つのビニール袋で簡単にできちゃいます。ビニール袋に、青汁粉末、小麦粉、砂糖、バター、牛乳を入れ、揉み込みます。揉みこんだら、薄くのばして型抜きをして、180℃に予熱したオーブンで15分ほど加熱します。するとおいしいクッキーの完成です。お子様にもオススメのおやつですので、ぜひ作ってみてください!

ページトップへ戻る