う~ん痩せる!もう一杯!青汁ダイエットのおすすめ商品一覧

青汁ダイエットHOME > こんなにあるうれしい青汁のメリット

良いとこだらけ!青汁の魅力

青汁のメリット皆さんの持つ青汁のイメージは「健康にいいけど美味しくない飲み物」というものではないですか? 美味しくないけれども、それだけで栄養を十分に摂取出来て、体の調子が良くなり、健康になれるとなったら、毎日飲むことが出来るでしょうか。まずは、青汁を正しく理解してみませんか?

 青汁のメリット

  •  食生活の改善
  •  野菜嫌いの人でも手軽に野菜を摂取できる
  •  便秘が良くなる
       青汁が便秘に効く秘密
  •  貧血予防になる
  •  ニキビなどの肌荒れ防止になり、肌の調子が良くなる
  •  アンチエイジング効果になる
  •  太りにくい体質になる

次に、「まずい」といったイメージですが、やはり健康に良いとされる青汁でも、飲み続けないと効果は発揮されません。味は特にその点では重要なポイントとなりますよね。
そんな「まずい」イメージの青汁ですが、近年では飲みやすく改良され、フルーツ風味のものや、抹茶風味のものなど、様々なものが販売されています。
もちろんメーカーによって味は違うので、自分好みの青汁を見つけるとよいでしょう。

実は青汁を過度に飲みすぎるのはNG!!

お医者様の診断健康に良いとされる青汁ですが、実は飲みすぎもよくありません。
便秘が改善されるというメリットがある以上、やはりお通じをよくする作用が働きますので、腹痛や下痢を引き起こしてしまう可能性もあります。
また、ものによりますが、抹茶成分が配合されているものにはカフェインも入っていますので、妊婦の方や、お子さんは飲みすぎには注意となります。
シュウ酸が含まれている場合は、多量に摂取すると結石の原因となることも考えられます。

特に注意が必要なのは、持病のある人です。
青汁に含まれるビタミンKは血液を固まりやすくする働きがあるため、心臓の病気で抗凝血剤を飲んでいるような人は危険な場合に陥る可能性もあります。
同じく、カリウムも含まれているため、腎臓の機能が低下している場合、体内のカリウムが蓄積され排出できなくなってしまうため高カリウム血症になってしまう場合もあります。
いずれにしても、まずはお医者様に相談しましょう。

青汁のメリットをよりメリットにする正しい飲み方

青汁のメリット青汁は栄養を豊富に含む飲み物ですので、上記の通り、飲みすぎには要注意となります。では、どのような飲み方が一番健康に良いのでしょうか。

健康だからと言ってガブガブ飲まなければ、特に注意すべき飲み方はありません。一番大切なのは、決まった用法容量で飲むことです。
どのメーカーも1日1杯~2杯が目安というものが多いですので、一日の摂取量きちんと守って飲むようにすることが、よりメリットをメリットにする飲み方と言えるでしょう。

ページトップへ戻る