う~ん痩せる!もう一杯!青汁ダイエットのおすすめ商品一覧

青汁ダイエットHOME > ダイエットだけじゃない!青汁の驚きの効果 > 青汁を飲み始めてむくみにくくなった!

むくみに良いのはカリウムってホント?

むくみに良いのはカリウムってホント?むくみにはカリウムがいいって誰もが一度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか?私も以前からふくらはぎのむくみに悩まされていたので、調べたらカリウムがいいと出てきました。でもカリウムって何に含まれていて、どうやって摂取したらいいのか良くわかりませんよね。ここではまず、むくみとカリウムの関係について説明したいと思います。
そもそもむくみはとは身体に余分な水分が溜まっていて排出できなくなっている状態をいいます。本来であれば、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管を流れ再び体内に戻り循環していかなければいけないところを静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっているから身体がむくんでしまうのです。
そこで、むくみを解消してくれるのがカリウムです。カリウムには細胞内にある水分を調整して余分にあるナトリウム(塩分)を排出する働きがあります。むくみを解消するにはナトリウムと余分な水分をうまく排出していくことが重要なのです!

カリウムはどうやって摂ったらいいの?

カリウムはどうやって摂ったらいいの?そもそもカリウムってビタミンなの?なんなの??と思われる方も多いと思うので説明しておきましょう。
カリウムは肉や野菜、魚などの食材の多くにまんべんなく含まれるミネラル類のうちの一種です。
とくに青汁の原材料として使われる、ケールや大麦若葉、明日葉などには多く含まれており、ほうれん草などの葉物野菜からバナナなどの果物にも含まれています。ただ、一日の食事で、カリウムを含む野菜を350g、果物は200g摂ることが推奨されています。それってかなりの量だと思いませんか…?現代人は特に野菜不足といわれているので、普段の食事から摂取することは難しい量なのです。そこで手軽にカリウムの豊富な野菜と果物をとることが出来るのが青汁なのです!

青汁に含まれるビタミンBで代謝UP!

青汁にはビタミン類も豊富に含まれています。特にビタミン類で代謝機能をUPさせる働きがあるのがビタミンBです。ビタミンBといってもたくさんあって、ビタミンB1、B2、B6、B12の他に、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンと8種類のビタミンをまとめてビタミンB群と呼びます。これらのビタミンはお互いに助け合って効果を発揮し、体内の様々な代謝に作用します。
たとえば、ビタミンBは身体を動かすエネルギーをつくり、脂肪の燃焼の促進、皮膚や粘膜の代謝を促進させる作用があるのです。ただ、これだけのビタミンBを摂取するには豚肉やレバー、マグロ、かつお、枝豆、菜の花などを毎日大量に食べつづけなくてはいけないという欠点があります。青汁には、野菜や果物由来のビタミンBが豊富に含まれているからこそ効率よく摂取し続けることが出来るのです♪

ページトップへ戻る