う~ん痩せる!もう一杯!青汁ダイエットのおすすめ商品一覧

青汁ダイエットHOME > ダイエットの秘訣は便秘の解消にあった! > 妊婦なのに飲んでも大丈夫?不安を解消する青汁の秘密

なぜ妊婦は便秘になりやすいの?

妊婦便秘に悩む妊婦さんは意外に多いものです。私もその一人でした。なぜ妊婦は便秘になりやすいのでしょうか?その真相に迫ります。

 ホルモンの変化

妊娠中に分泌される黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える作用があります。このホルモンは、子宮だけでなく肛門に送り出す「平滑筋」の収縮も抑えてしまうため、ぜん動運動が働きにくくなってしまうのです。
また、黄体ホルモンは、体内に水分を蓄積する働きもあるため、便に水分が含まれにくくなってしまい、便が固くなってしまうのはこのせいだと考えられています。妊娠中にむくみやすくなるのもこのせいでしょう。

 子宮が腸を圧迫

妊娠をすると、胎児の成長に伴い、子宮もどんどん大きくなっていきます。子宮と腸は密接な位置にありますので、必然的に腸を圧迫し、便通や血流が悪くなり、痔になりやすくなってしまいます。

 つわり

妊娠初期に現れる悪阻(つわり)は、妊娠してまず第一の悩みどころですよね。このつわりが原因で食事内容に偏りが出て、便秘にもなってしまいます。この時期は、食べられるものだけ食べるよう心掛け、無理に食事を摂ることは控えましょう。

 ストレス

妊娠すると、マタニティブルーに陥ってしまう方も少なくないでしょう。このストレスが原因で便秘になることもあります。まずは妊娠、出産に対する不安や疑問を解決するように心がけるのが先決です。

妊婦に青汁をおすすめする理由

青汁のある生活青汁には食物繊維が豊富ということは何度も書いてきましたが、妊娠中にも重要になるのも、この食物繊維。
腸の動きが弱まり、さらにはつわりで思うように食べ物が受け付けられない、ストレスが溜まっている、などなど…心当たりがある場合、青汁一本でそのお悩みは解決されます。つわりで飲み物しか受け付けないのであれば、青汁をそのまま、妊娠中は体重管理も必要となり、それが原因でストレスが溜まっているのなら、青汁でヨーグルトやホットケーキに混ぜて健康的に小腹を満たしてみたり…などなど、妊娠中にはとても役立つ飲み物なのです。
また、鉄分や葉酸も豊富に含まれている青汁は、妊娠中に不足しがちなこれらを十分に摂取することも可能です。妊娠中に鉄分が不足してしまうと、鉄欠乏性貧血となり、出産時まで続くと胎盤剥離のあと多量出血となり、母体の命が危険な状態となってしまいます。そして葉酸は先天異常のリスクを下げたり、胎児の栄養不足を予防したりする効果があり、とても重要とされています。

不安があればお医者さんへ

お医者さん栄養豊富な青汁ですので、妊娠中の皆さんにはぜひ飲んでいただきたい飲み物です。しかし、青汁によっては、抹茶や緑茶などが使用されているものもあるため、カテキンやカフェインに気を付ける必要があります。また、飲む際は無添加、無農薬のものを選ぶように心がけましょう。
どうしても青汁を飲むことに不安がある方は、かかりつけの医師に相談してから飲み始めるとよいかもしれません。

ページトップへ戻る